警察マーク メニューボタン サイトマップ

高速道路管理室 早島分室

早島分室の概要

早島分室管制室

早島分室は、昭和63年4月、瀬戸中央自動車道の供用開始に併せて設置されました。

この瀬戸中央自動車道は、本州四国連絡橋3ルートのうち、唯一、海上部が道路と鉄道を併用する複数の橋梁で構成されており、名実共に本州と四国を結ぶ大動脈となっています。

早島分室は、この瀬戸中央自動車道における事故や犯罪に対応し、警察と道路管理者との連絡調整などを行っています。

瀬戸中央自動車道の概要

瀬戸中央自動車道は、本州(岡山県)と四国(香川県)を結ぶ道路として、工事着工から約9年6か月の歳月をかけ、昭和63年4月に完成しました。

この瀬戸中央自動車道の海上部は、「瀬戸大橋」の名称で呼ばれ、吊橋、斜張橋、トラス橋から構成された世界最長の道路と鉄道の併用橋です。

【全長】37.3km(うち陸上部 27.9km、海上部 9.4km)

瀬戸中央自動車道の海上部は、次の6本の橋により結ばれています。

  • ○ 下津井瀬戸大橋 1,400m(吊橋)

「吊橋」は、ケーブルをかけ渡し、橋げたをハンガーロープで吊るした橋です。

下津井瀬戸大橋
  • ○ 櫃石島橋 790m(斜張橋)

「斜張橋」は、主塔から左右に張った斜めケーブルで橋げたを引っ張り上げた橋です。

櫃石島橋
  • ○ 岩黒島橋 790m(斜張橋)
岩黒島橋
  • ○ 与島橋 850m(トラス橋)

「トラス橋」は、三角形を組み合わせて橋げたを作った橋です。

与島橋
  • ○ 北備讃瀬戸大橋 1,538m(吊橋)
北備讃瀬戸大橋
  • ○ 南備讃瀬戸大橋 1,648m(吊橋)
南備讃瀬戸大橋