警察マーク メニューボタン サイトマップ

中国管区警察学校

中国管区警察学校

沿革

昭和22年4月に、幹部養成機関として創設された「広島地方警察学校」に源をおきます。

昭和23年3月、旧警察法の施行に伴い、中国・四国地方を教養対象地域とする「広島管区警察学校」として開設され、昭和29年7月の現行警察法施行に伴い「中国管区警察学校」と改称するとともに中国地方の5県を対象地域として、現在に至っております。

管区警察学校の位置付け

中国管区内の警察職員昇任に際し、幹部として必要な教育訓練等を行っております。

警察職員(警察官、一般職員)に対する採用時及び昇任時の教養は、主に階級等に応じて教育機関を分けて実施されており、管区警察学校では、警部補、巡査部長、一般職係長及び一般職主任の各任用科、並びに全国・管区規模専科の教養を実施しております。また、管区機動隊の訓練も行っています。

教 育 機 関対 象
警察大学校(東京)警部
警部相当職の一般職員
管区警察学校
(宮城、東京、愛知、大阪、広島、香川、福岡)
警部補、巡査部長
警部補、巡査部長相当職の一般職員
都道府県警察学校(各都道府県)採用時の巡査
採用時の巡査相当職の一般職員

中国管区警察学校の風景

教養課程

課  程期  間内        容
警部補任用科8週間 警部補に昇任し、又は昇任が予定されている警察官等にその職務の遂行に必要な知識及び技能を習得させるための課程
巡査部長任用科6週間 巡査部長に昇任し、又は昇任が予定されている警察官等にその職務の遂行に必要な知識及び技能を習得させるための課程
係長任用科2週間 係長その他の警部補相当職に昇任し、又は昇任が予定されている一般職員にその職務の遂行に必要な知識及び技能を習得させるための課程
主任任用科2週間 主任その他の巡査部長相当職に昇任し、又は昇任が予定されている一般職員にその職務の遂行に必要な知識及び技能を習得させるための課程
専科教養必要とする期間 警部補以下の階級にある警察官及び警部補相当職以下の職にある一般職員に特定の分野に関する高度の専門的な知識及び技能を習得させるための課程
管区機動隊訓練必要とする期間 管区機動隊員として必要な反復訓練及び治安情勢に応じた訓練を実施

施設

敷地は、49,151㎡あり、主な施設は、教場・講堂等がある本館、柔道・剣道を行う道場、体育館、全寮制に要する学生寮、食堂、浴場等の建物があります。このほか、部隊活動の訓練に使用するグランド及び受傷事故防止に配意した自動車検問要領の訓練等に使用する自動車コースがあります。

中国管区警察学校の施設写真

組織図

中国管区警察学校の組織図

中国管区警察学校校歌

作詞:小川次郎 作曲:太田司郎

緑の山を 北にして

瀬戸の内海 輝けば

七つの河の 澄むところ

松風すがし 学び舎は

あした夕に 雨風に

思いはかえる 愛と敬

国の治安を 守るべく

われらはつどい 学ぶかな

薫る松風 身をしめて

結ぶ友垣 固くして

正義の秩序 守らんと

われらは誓う 学び舎に

作詞:小川次郎 作曲:太田司郎

緑の山を 北にして

瀬戸の内海 輝けば

七つの河の 澄むところ

松風すがし 学び舎は

あした夕に 雨風に

思いはかえる 愛と敬

国の治安を 守るべく

われらはつどい 学ぶかな

薫る松風 身をしめて

結ぶ友垣 固くして

正義の秩序 守らんと

われらは誓う 学び舎に

中国管区警察学校校歌(校歌が流れます。)

所在地

中国管区警察学校

〒734-0037 広島市南区霞1丁目3-93

TEL (082)250-5521(代表) FAX (082)251-6478